社会保険まるわかり
≪社会保険について≫
社会保険とは何か
主な社会保険の手続き
社会保険料の計算の仕方
パートタイマー・アルバイトの社会保険
健康保険の被扶養者
交通事故と健康保険・労災保険
≪適用事業所≫
労災保険・雇用保険に加入する会社
労災保険・雇用保険の加入手続きの流れ
健康保険・厚生年金に加入する会社
健康保険・厚生年金の加入手続きの流れ
≪労災保険の給付≫
業務災害〜仕事中の負傷等とは〜
通勤災害
給付基礎日額
療養補償給付(療養給付)
休業補償給付(休業給付)
傷病補償年金(傷病年金)
障害補償給付 (障害給付)
介護補償給付(介護給付)
遺族補償給付(遺族給付)
葬祭料(葬祭給付)
≪健康保険の給付≫
傷病手当金
出産手当金・出産育児一時金
埋葬料
≪無料ダウンロード≫
給与計算シート
社会保険料見込額計算シート
≪その他≫
お問い合わせ
リンク集
旧リンク集

健康保険・厚生年金の加入手続の流れ

健康保険・厚生年金の2つを合わせて社会保険といいます。

ここからは、社会保険といった場合は、健康保険と厚生年金の2つをあわせたもののことを言います。


1、社会保険に加入しなければいけないかどうかを調べる

まず、自分の会社が社会保険に入らなければいけないかどうかを調べます。

社会保険は被保険者に該当する人が一人でもいれば、入らなければいけません。
法人の場合は、事業主も社会保険に加入しなければいけませんので、従業員0人でも社会保険に加入しなければいけません。

詳しくは、健康保険・厚生年金に加入する会社を参考にしてください。


注意する点は、会社が株式会社などのような法人の場合には、社長1人でも社会保険に加入しなければいけません。

また、次の2つの条件にあてはまれば、パートタイマーやアルバイトといえども、健康保険・厚生年金の被保険者になります。
  1. 1日または一週間の所定労働時間が通常の従業員の4分の3以上であること
  2. 1ヶ月の所定労働日数が通常の従業員の4分の3以上であること

被保険者の人数は、書類をもらいに行くときに必要になるのでしっかりと把握しておきましょう。


2、被保険者に被扶養者がいるかどうかを調べる

社会保険に入らなければいけないのであれば、被保険者に被扶養者がいるのかどうか、いるとしたら何人いるのかを調べる必要があります。

被扶養者については、健康保険の被扶養者を参考にしてください。


被保険者に被扶養者が何人いるのかは、書類をもらいに行くときに必要になるのでしっかりと把握しておきましょう。


3、社会保険の手続きをする社会保険事務所を調べる

社会保険の届出を出しに行く役所は、年金事務所になります。

年金事務所であれば何処でも良い訳ではなく、会社の住所を受け持っている役所になります。

ここで注意しなければいけないのは、必ず会社に一番近い年金事務所が受け持っているわけではないということです。

このことから、年金事務所に電話をして、会社の住所を受け持っている年金事務所を確認してください。


4、年金事務所に行って、社会保険の書類をもらう

会社の住所を受け持っている年金事務所を調べたら、年金事務所に行って、必要な手続き書類をもらいに行きます。

ここで注意するのは、必ず会社の住所を受け持っている年金事務所でもらってください。

ちなみに、必要な書類は以下のものになります。
  • 健康保険・厚生年金保険新規適用届
  • 新規適用事業所現況届
  • 健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届
  • 健康保険被扶養者(異動)届
  • 健康保険・厚生年金保険保険料納入告知書送付(変更)依頼書

社会保険の加入に必要な書類をもらいに行くときには、こちらで別に用意する添えつけ書類についても聞いておきましょう。

通常は社会保険の加入の手続き書類をもらうときに、こちらで別に用意する添え付け書類書類が書いてある紙を渡されます。

ちなみに、主なものとして以下のものがあります。

会社に関するもの
  • 商業登記簿謄本
被保険者に関するもの
  • 年金手帳
  • 被扶養者を証明する書類(在学証明書、非課税証明、年金正保、住民票の写し等)

5、社会保険加入のための書類を書いて、添え付け書類をそろえる

社会保険の書類をもらったら、書類に必要事項を記入します。

社会保険の書類は、書類の裏に書かれた注意事項や役所でもらった書類の書き方のパンフレットを参考にして書き上げます。

社会保険の書類の書き方には細かなルールがありますので、間違わないよう注意する必要があります。


もし、パンフレットなどを見ても記入の仕方がわからない時には、役所に電話などをして聞きます。


さらに、それと平行して必要な添え付け書類も用意します。


6、社会保険加入の書類を提出する

社会保険加入のための書類を役所に届に行きます。

届け出る役所は年金事務所になります。

社会保険加入の書類を提出するときには、必要な書類がしっかりとそろっているかどうかを確認する必要があります。

これを怠ると、もし社会保険加入の書類を提出するときに足りないものがあると、提出できない場合があります。

ただし、足りないものがあっても後日提出するということで、受け取ってもらえる場合もあります。
社会保険に関するお勧め本
労働基準法のお勧め本
給与計算に関するお勧め本
就業規則に関するお勧め本
賃金制度設計に関するお勧め本
退職金制度設計に関するお勧め本
年金に関するお勧め本
経理業務に関するお勧め本
青色申告に関するお勧め本
姉妹サイト
就業規則製作所社会保険まるわかり労働基準法ノート | 雇用保険被保険者
全ての権利は三村 伸一が所有しています。いかなる方法においても無断で複製・転載することを禁じます。
各ページにおいて掲載されている情報はご自身の判断においてご活用ください。
当方は利用の結果によるいかなる事態にも責任は負いかねま
す。
Copyright(C) Shiniti Mimura All rights reserved