社会保険まるわかり
≪社会保険について≫
社会保険とは何か
主な社会保険の手続き
社会保険料の計算の仕方
パートタイマー・アルバイトの社会保険
健康保険の被扶養者
交通事故と健康保険・労災保険
≪適用事業所≫
労災保険・雇用保険に加入する会社
労災保険・雇用保険の加入手続きの流れ
健康保険・厚生年金に加入する会社
健康保険・厚生年金の加入手続きの流れ
≪労災保険の給付≫
業務災害~仕事中の負傷等とは~
通勤災害
給付基礎日額
療養補償給付(療養給付)
休業補償給付(休業給付)
傷病補償年金(傷病年金)
障害補償給付 (障害給付)
介護補償給付(介護給付)
遺族補償給付(遺族給付)
葬祭料(葬祭給付)
≪健康保険の給付≫
傷病手当金
出産手当金・出産育児一時金
埋葬料
≪無料ダウンロード≫
給与計算シート
社会保険料見込額計算シート
≪その他≫
お問い合わせ
リンク集
旧リンク集

社会保険は、保険の一種です。保険には大きく分けて、社会保険と個人保険があります。個人保険は、民間の保険会社が運営しているものです。個人保険とは、「日頃から掛金というお金を払っておいて、何か事故に遭ったときに保険金を受け取るもの」です。

社会保険も個人保険と同じように、「日頃から保険料というお金を払っておいて、何か事故に遭ったときに保険給付を受け取るもの」になります。

ただ、違う点といえば、
国が運営している保険と言うことです。

社会保険にもいろいろな種類があります。、
主なものとしては
  1. 労働者災害補償保険(労災保険)
  2. 雇用保険
  3. 健康保険
  4. 厚生年金保険
  5. 国民健康保険など
基本的には国が運営していますが、健康保険では国のほかに健康保険組合が運営を行う場合もありますし、国民健康保険では市町村か国民健康保険組合が運営を行う場合もあります。

ちなみに、労災保険と雇用保険をあわせて
労働保険
健康保険と厚生年金保険を合わせて
社会保険という時があります。

それでは、どのような時に給付を受けることが出来るのでしょうか?
具体的には以下の通りになります。
  1. 病気や怪我などをした場合
     労災保険~療養補償給付
     健康保険~療養の給付など
  2. 障害を負ってしまった場合
     労災保険~障害補償給付
     厚生年金保険~障害厚生年金 障害手当金
  3. 死亡した場合
     労災保険~遺族補償給付 葬祭料
     健康保険~埋葬料
     厚生年金保険~遺族厚生年金
  4. 病気や怪我のために働けなくなった場合
     労災保険~休業補償給付 傷病補償年金
     健康保険~傷病手当金
  5. 出産した場合
     健康保険~出産手当金 出産育児一時金
  6. 会社を辞めた場合
     雇用保険~失業手当など
  7. 年を取ってしまい、引退した場合
     厚生年金保険~老齢厚生年金
これらのことが起きたときには、現金または現物で何らかの給付を受けることが出来ます。
社会保険に関するお勧め本
労働基準法のお勧め本
給与計算に関するお勧め本
就業規則に関するお勧め本
賃金制度設計に関するお勧め本
退職金制度設計に関するお勧め本
年金に関するお勧め本
経理業務に関するお勧め本
青色申告に関するお勧め本
姉妹サイト
就業規則製作所社会保険まるわかり労働基準法ノート | 雇用保険被保険者
全ての権利は三村 伸一が所有しています。いかなる方法においても無断で複製・転載することを禁じます。
各ページにおいて掲載されている情報はご自身の判断においてご活用ください。
当方は利用の結果によるいかなる事態にも責任は負いかねま
す。
Copyright(C) Shiniti Mimura All rights reserved